「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康診断に向けて
2010年02月10日 (水) | 編集 |
こんにちは!ブログ担当Kです。
関東地方は明日はまた雪が降る予報になっています!
外出の際は、雪に備えた格好でお出かけくださいね。

さて、当協会では先月の中旬頃から会社ですぐにできる軽いエクササイズを始めました。
参加者は多いときでも8人ぐらいなのですが、みんな張り切っています。

というのも、4月に健康診断があるからです。
(それを目標にしてるのは私だけでしょうか?)

朝礼の時にスクワット15回を2セット!

最初は、10回を2セットやるのが精一杯でした。
筋肉痛で階段の昇り降りが本当に辛かったのですが、
少し余裕が出てきた2週目の途中辺りから15回に変更しました。
みんなで声を出してやるのも一体感が味わえて良いですよ。

 スクワットのやり方

 1.足を肩の幅ぐらいにしてまっすぐ立つ

 2.いすに座るイメージで足を曲げながら1~4まで数える。

 3.今度は5~8まで数えながらゆっくり足を伸ばしていく。
  ただし、足は完全に伸ばしきらずに軽く曲げている状態まで。

 これを15回繰り返します。
 ハーフタイムには、片足ずつももにくっつけるように曲げてあげて、
 筋肉をほぐしてあげるのも重要です。


昨日からそれに加えて、ウエストを細くするための
我が協会ならでは体操を加えました!!


 目指せウエスト-3cmエクササイズ

 1.まずは、健康管理士一般指導員受験対策講座テキストを一式そろえましょう。

 2.足を肩幅に開いて、1を6冊持っている状態で、腕を前に伸ばしてスタンバイOK!

 3.これを腕をまっすぐにして持ったままウエストで回すように右へターン、

 4.真ん中に戻してから、今度は反対に左にターン、真ん中に戻って1回

 5.これを10回続けましょう!!


 ここで重要なポイント
  テキストは全部で約3kgあるので、女性にはちょっと重すぎでした。
  これを頑張って持ってやると逆に姿勢が悪くなってしまいました。
  そのため、もつものはあまり重くしすぎず、テキストも2冊減らしてトライすることに

試行錯誤しながら、協会オリジナルエクササイズウエストマイナスを目指します!!

ブログ担当 K

スポンサーサイト
歯の秘密③
2010年02月10日 (水) | 編集 |
ブログ担当Yです
今回は「歯」の第回目です
今回は歯の黄ばみを防ぐ、磨き方や唾液について

飲食物による汚れやたばこのヤニによる歯の黄ばみを防ぐには、口の中の環境を、汚れが付着しにくいように整えることが重要になります

 歯ブラシ 
硬めの歯ブラシや、ヤニとり効果をうたう粒子の粗い歯磨き剤を使い、強い力でゴシゴシと磨くと、歯の表面に細かな傷をつけてしまいます。いったんは汚れが落ちても、この傷に再び飲食物などの汚れが付着しやすいので、黄ばみやすい歯を作っていることになります
歯ブラシは軟らかめか普通の硬さを選びましょう。茶渋などを針のような先の尖った物で削り落とすのは厳禁です

歯ブラシ

 唾液
汚れを落とすには、唾液も大切です
唾液は主に耳下腺、顎下腺、舌下腺という3つの大きな唾液腺から、1日に1~1.5Lほど分泌されます


 口の中の汚れを洗い流す、
 酸を中和して、口の中を中性に保つ、
 細菌の繁殖を抑える、
 再石灰化によって、虫歯を防ぐ
といった、口の中を清潔で健康に保つ働きがあります

唾液の分泌量は、ストレスや疲れ、加齢、薬の副作用などで減少することもあります
こまめに水分を摂り、食事の際にはよく噛むようにしましょう。また、梅干などのすっぱいものを食べると、唾液の分泌量が増えます
両親指で唾液腺のあるあごの付け根あたりの首の上部を軽くマッサージしたり、さらに、舌を意識的に動かしたりすることも、唾液の分泌を促すのに有効です食前食後はもちろん、テレビを見ながらなど生活の色々な場面で、意識して唾液を出してみましょう

    

雪

初めてのスノーボードをしに、新潟へ行きました
吹雪でしたが、雪がふわふわでした

 
ブログ担当Y


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。