「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬至
2008年12月25日 (木) | 編集 |
ブログ担当Yです、螯rヲW、J、O
今日はクリスマスツリーですが、冬至の話ですゆず豆腐

2008年は12月21日が冬至でした
この日、北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなり、昼が一年中で一番短く、夜が長くなります。この日はかぼちゃを食べて金運を祈り、柚子湯に入って無病息災を祈る行事を行うそうです


20081221-00000012-maiall-soci-view-000.jpg



柚子湯
 冬至の読みは「とうじ」で、湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」にかけています温泉さらに「柚子(ゆず)」も「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という願いが込められているそうですキラキラ柚子湯には美肌効果があったり、冷え性やリウマチにも効き、体が温まって風邪をひかないとも言われています


1_070601021.jpg

かぼちゃ
●江戸時代中期からかぼちゃを冬至に食べる風習が根付いたといわれていますかぼちゃこれは当時、冬場に野菜が少なくなり、ビタミンなどの供給源が不足する事からで、かぼちゃを食べる事でビタミンを補給し、風邪やしもやけの予防をしていたそうですBrilliant.

●冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこん…など「ん」のつくものを「運盛り」といい、縁起をかついでいたのです星かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)つまり、「運盛り」の一つだったのです!

温泉に入るカピバラ、かわいいですねピンクハート



ブログ担当Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。