「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボローディング
2009年01月23日 (金) | 編集 |
こんにちは、ブログ担当Mです

気温の変化が激しくて体調管理が難しいですね
私は風邪予防のためにビタミンCの摂取を心がけています。

土日はまた気温が下がって寒くなるようですが、
私は日曜日にフルマラソンに出場予定です

そこで、現在「カーボローディング」をしています。

「カーボローディング」とは…

カーボ」→炭水化物を意味する英語の「カーボハイドレイト(carbohydrate)」から引用された略語です。
ローディング」→loadingは英語で「詰め込む」を意味します。
直訳すると「炭水化物を体に詰め込む」という意味です。

炭水化物は消化吸収された後、肝臓筋肉にグリコーゲンという形で貯えられて、
運動時のエネルギー源となります。
マラソンではたくさんのエネルギーが必要になるので、エネルギー源となるグリコーゲンを少しでも多く、肝臓筋肉に貯えるということです。

方法は人によって少し違うと思いますが、
大会の2、3日くらい前から炭水化物(ごはん、パン、パスタなど)中心の食事(1.5倍くらい増やす)にして、
体の中にグリコーゲンを貯えていきます。
こうすることで、30km過ぎてからのエネルギー切れを抑えることができるようです

そういう訳で、昨日からご飯の量を増やして炭水化物をせっせと食べています
これで30kmの壁を乗り越えてきます

ブログ担当 M

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。