「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミジンコ
2009年03月13日 (金) | 編集 |
ブログ担当Yですリラックマvv
今日は、以前から気になっていた事について、ニュースに出ていたので、紹介します本

ある日突然、目の中を糸くずやミジンコみたいなものが泳いでいることに気づき、焦ったことのある人も多いのではないでしょうか。そもそもあれは、何なのでしょう・!?


正体は?
あれは「飛蚊症(ひぶんしょう)」といって、視線を動かしても一緒に移動し、まばたきをしても眼を擦っても消えず、暗い所では気にならなくなります
症状が眼の周りに蚊が飛ぶ様に見えることからこの名前が付きました蚊取り線香


原因は?
眼球の中の大部分は、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質がつまっていますプリン
角膜と水晶体を通して外から入ってきた光は、この硝子体を通過して網膜まで達します。硝子体に何らかの原因で「濁り」が生じると、明るい所を見たときにその濁りの影が網膜に映る事が原因です
この「濁り」には、生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあります


vol3-1.jpg



見え方は?
見え方は何種類かありますかえる一番多い生理的飛蚊症の場合、小さな虫や糸くずのようにも見えます毛糸玉これは、硝子体内部の繊維のヨリだったり小さな液泡だったりします絵文字名を入力してください


hibun.gif


その他、網膜に異常がある場合も、飛蚊症によく似た症状が出るそうです。視界の見え方がいつもと違うと感じたら、まずは眼科に行って診てもらうのが肝心です病院


ブログ担当Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。