「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットがもたらす健康②
2009年04月15日 (水) | 編集 |
ブログ担当Yですxx

この前はペットで健康になる話を書きましたが、今回はペットが亡くなった時の精神的な健康問題についてですCREAM

前回のお話は、こちら

「ペットロス」とは・・・
家族の一員であるペットが亡くなったときに、飼い主が通過する悲しみや喪失感の体験です。ペットロス症候群とも言われ、愛情を持って接していた飼い主なら誰もが必ず経験する正常な感情体験であり、特別なものではありませんえーん

通常は半月から1か月ほどで回復しますが、いつまでも悲しみが治まらず、睡眠障害、食欲不振、脱力感などの身体症状、強い罪悪感や抑うつ、孤独感などが続くケースも数%程度あります。ペットを溺愛していましたが、十分に看護できなかったという強い葛藤がある場合、重いペットロスになりやすいそうですピンクのポメ


ねこ


星×2ペットロスを重症化させないためのポイント星×2

ペットは自分より先に死ぬことを自覚する
過剰に依存せず、ほどよい距離をとる
ペットを介した仲間を作っておく
ペットロスについて正しい知識を持っておく


ペットロスへの認知はまだ低く、周囲の理解は得られにくく、「ペットが死んだくらいで」と言われることもあります。しかし、悲しみを抑えこまないことが大切です!!無理に忘れようとしたりせずに、悲しい時や寂しい時にはその気持ちを表現することも大切です。また、悲しみを共有できる人と話をすることも気持ちの整理の手助けとなるでしょうハート

3/19 読売新聞より

私も犬を飼っており、もう10歳をこえているので、ペットロスについて考えておかなければいけないと思いましたM.ダックス


ブログ担当Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。