「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水~健康の源~①
2009年05月27日 (水) | 編集 |
ブログ担当Yです絵文字名を入力してください

今回から「水」について、何回か書いていきます絵文字名を入力してください

水の役割
 成人の体の60%は水です。体のあらゆる部分に存在し、栄養素や老廃物の運搬や体温の保持に役立っています。元気に過ごすには、良い水を選び、効率よく摂取することが大切ですアイコン名を入力してください

 成人が通常の生活の中で、汗や尿として失う水分量は1日で約2.5Lに及びます。食事でとる水分は約1Lですので、季節や運動量にもよりますが、毎日1~2L程度は水を飲むと良いそうですさとと-キラキラブルー
 また、睡眠中でもひと晩で1Lも汗をかきます。血液が濃くなりやすいので寝る前や起きた後に、コップ1杯の水を飲めば脱水の予防になります夜空


水①


脱水
 夏本番となるこれからの季節、注意したいのは脱水症です。高齢者の場合、脱水症状のサインである、のどの渇きを覚えず、脱水症が進行してしまうことがあります

脱水を簡単に見分ける方法
[数字]Rivet*PalePink-1(白-薄い背景用) †SbWebs†わきの下が湿っていない
[数字]Rivet*PalePink-2(白-薄い背景用) †SbWebs†つめを押した後2秒以内に赤くならない

失われた水分が・・・
体重の約1%・・・喉が渇く→頭痛、食欲不振、脱力感
体重の約10%・・・筋肉の痙攣、意識の混乱、腎機能損失
体重の約20%・・・生命に関わる

喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給をしましょう絵文字名を入力してください


ブログ担当Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。