「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の衛生週間
2009年06月04日 (木) | 編集 |
おはようございます ブログ担当Kです。

今日6月4日は語呂合わせで虫歯予防デーです!!
そのため、毎年6月4日(虫歯予防デー)~1週間にわたって行われる
歯科保健普及活動の一つ「歯の衛生週間」です。

皆さんの歯は元気ですか?
Kの歯はあまり快調とはいえません。

以前初めて言った歯医者さんに注意されました。
口呼吸をしていると、虫歯が出来やすいんですよ!」ですって!!
歯医者さんは、口の中を見ただけですぐに見破ってしまうんですね。
は鼻があまりよくないので、小さい頃から寝るときに口をあけて寝ちゃうんです


なぜ、口呼吸がよくないのか

虫歯歯周病(歯槽膿漏)の原因は口の中の細菌(常在菌)です。
健康な状態の場合は、唾液による自浄作用、緩衝作用などがあり、細菌の活動が抑制されます。

しかし、
口呼吸の方の場合は、唾液が分泌されてもすぐに乾いてしまうため
細菌の活動などが抑制しきれず、虫歯歯周病を進行させてしまうそうです

鼻呼吸では、空気中の埃や細菌やウィルスや花粉や有害な排気ガスなどの
体に有害な物質をブロックし、
乾燥した空気を適度な湿度にして、のどや肺に刺激の少ない清浄な空気にしてくれるんです。

口呼吸の場合は、
乾燥した冷たい空気が口から直接体内に取り込まれることで、
口腔内・喉が乾燥し、細菌などや直接侵入、粘膜に炎症が起きてしまいます。
扁桃腺が直接ダメージを受けてしまうし、
免疫機能が弱まり風邪などにもかかりやすくなってしまうそうです

それだけでなく、口呼吸をしていると
歯並びが悪くなったり、いびきをかきやすくなったり、口臭の原因になることもあるそうです。
また、アトピーなどのアレルギーのおこる引き金になることも


口呼吸って怖いですよね…。
も本格的に直すようにしなくては…

皆様もこの機会にご自分やご家族の歯の健康について見直してみてはいかがですか!

ブログ担当 K
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。