「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコノミー症候群に注意!!
2009年07月23日 (木) | 編集 |
ブログ担当Yですかえるちゃん
学生の方達は夏休みに入り、海外旅行に行かれる方もいるのではないでしょうかはてな

 じっと座ったままで長時間移動するなら、「エコノミークラス症候群(ロングフライト血栓症)」に注意しましょう

「エコノミークラス症候群(ロングフライト血栓症)」とは・・・
 脚を動かさないために血流が滞り、脚の静脈に血栓ができる病気です。飛行機の中は空気が乾燥していますので、気がつかないうちに体からは、だいたい1時間に80cc位の水分が失われてしまいますアップロードファイル長時間のフライトによりたくさんの水分が失われ、静脈の血が固まりやすくなるのです。
 脚にむくみや鈍痛が起きるほか、その血栓が心臓を通って肺に飛ぶと、呼吸困難や失神、悪くすると命にかかわることもあるそうです。飛行機にちなんだ名前がついていますが、実際にはビジネスクラス、車、電車でも発症します車

 
飛行機


予防
 1番効果があるのは、歩くことです少し離れた場所のトイレに行くなどして、歩く機会を増やしましょうwc座席を離れられない時は、足先を動かし、腹式呼吸で血流をよくしたり、長時間の移動では、体をしめつけない下着や服を身につけ、座席ではベルトを10cmほどゆるめましょう。また、脱水状態も血栓症を引き起こすので、ミネラルウォーターか薄いお茶を飲みましょうアイコン名を入力してくださいアルコールは利尿作用があるので控えめにしましょうグラスワイン[赤]
 
星日本旅行医学会が提唱する七つの予防策星
①2~3時間ごとに歩く
②1時間ごとに3~5分、座席に座ったまま、かかとや爪先の上下運動と腹式呼吸を行う
③水分をとる
④ゆったりした服装を
⑤血行を悪くするので足は組まない
⑥不自然な姿勢で寝てしまうので、睡眠薬は使用しない
⑦女性や高齢者は通路側に座る

旅を満喫するには、体調を崩さないことが第一ですねスティッチ

ブログ担当Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。