「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテ対策① 夏バテって何?
2009年07月29日 (水) | 編集 |
こんにちは!
ブログ担当Kです。
最近は不安定な天気が続いていて、各地で自然災害が起きていて心配ですね。
皆様のお住まいの地域ではいかがですか?

出来る範囲で防げるものは予防しておきたいものですよね。
自然災害は予測がなかなか厳しいですが、
夏バテは対策方法があるので、しまったと思う前の予防が大切です。

今回は、夏バテ対策①として、まずはどうして夏バテするのかを学んでみましょう!

夏バテって何?

 夏バテとは

夏バテは、特定の原因や症状のある、はっきりした病気ではありません。
夏の暑さのせいで何となく体調が悪いと感じたりすることはありませんか?
「食欲不振」「下痢や便秘」などや、
「全身の疲労感」「からだがだるい」「熱っぽい」「立ちくらみ、めまい、ふらつき」などの
症状が出るからだの状態の総称を「夏バテ」と呼んでいます。

 夏バテの原因1

我々の体は暑いと熱を発汗などで放散し、体温を一定に保とうとします。
この調節を体内で自動的に行っているのが自律神経システムなのですが、
日本の夏は高温多湿のため、汗が皮膚表面から蒸発しにくい状態になります。
そのため、自律神経に負担がかかり、不調の原因となるのです。

さらに、自律神経の不調は胃腸の働きを弱め、食欲減退を促進することがあります。
そして、体温調節のためにエネルギーが大量に失われ、
エネルギー代謝に使われるビタミンなどの栄養素もたりなくなってしまうのです。

 夏バテの原因2

クーラーのきいた冷えきった室内と、夏の日差しでものすごく暑くなっている屋外を
何度も行き来すると、自律神経のリズムが乱れ、体温調節ができなくなり、
からだ全体に不調をきたします。
これが、いわゆる『クーラー病』で夏バテを引き起こす要因の1つといえるでしょう。

 学院のSさんも冷房病に関して書いてくれているので、参考になさってください。

 夏バテの原因3

地球温暖化の影響もあり、最近では本当に熱帯夜が多くなってきていますね。
人の体温は、夜は体温が下がって入眠しやすくなるといわれています。
しかしながら、この熱帯夜のせいで体温がうまく下がらず、寝つきにくくなったり、
熱くて途中で目が覚めてしまう方も多いのではないでしょうか??

寝室が暑すぎたり、クーラーのかけすぎで冷えすぎたりするのは
快眠の妨げになってしまいます。
十分な睡眠がとれず、疲労回復できないため、疲れがとれなくなってしまいます。

皆さんも、これらが原因でだるくなったりした経験があるのではないでしょうか?
次回は、これらの夏バテ要因を解消するための方法を書くことにします!

ブログ担当 K
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。