「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテ対策② 夏バテ要因を解消するには
2009年08月06日 (木) | 編集 |
こんにちは!ブログ担当Kです。

なにやら、日本は今年(も?)異常気象ですね。
やっと梅雨が明けた地域もあるし、東京もしばらく雨が続いていました。
暑すぎる夏も嫌ですが、ひんやりしているのも夏らしくないですね。
四季があるのが、日本のいいところだから、もう少し季節の移り変わりを楽しみたいですね。

さて、前回に引き続き、夏バテ対策をお送りしましょう!!

夏バテ対策② 夏バテ要因の解消

夏バテ予防するためには、まずその要因を取り除く必要があります。
発汗困難、クーラー病睡眠不足など、夏バテ要因となるものにそれぞれ
適切な対処をして、夏バテ予防ましょう。

 発汗を助けよう!

暑い状態が続くと、かいたが蒸発せずに皮膚にはりつき、
不快なべたつきに加えて、熱が放散できないため、からだにこもってしまいます。
冷房ではなく、湿度を50~40%に除湿すると、暑さによる不快感を
かなり減少させることができます。

また、 をかいたままにせず、浴びれる時は、こまめにシャワーでを洗い流しましょう。
外出しているときは、ふき取りようのシートやウエットティッシュなどでふきとると
少しは解消することができます!

 脱水を防ごう!

冷たい水よりもミネラルウォーター(汗で失われたミネラルを補給します)を、
こまめにとるのがおすすめです。
スポーツドリンクは糖分も多く含まれているので、飲みすぎは、注意しましょう!
ちなみに、は、暑い夏でも温かいお茶をゆっくり飲むのがオススメです!

夏場はビールに限ると言う方も多いと思いますが、
残念ながら、アルコールには利尿作用があるので水分補給にはならないんですよ。
場合によっては、脱水症状を促進することもあるので、ほどほどにしたいものです。
夏に限らず、アルコールを飲んだ後には必ず水分補給をしましょう!

 クーラー病を防ごう!

クーラーで室内の冷やしすぎには注意しましょう!
設定温度は、外気温と室温の差を5度以内にするのがポイントです!

電車や外出先などでは、なかなか自分で環境温度の調節ができないもの!
そのためには、カーディガンや大判のストールなどを必ず携帯して
冷えすぎないように気を付けましょう。

からだを締めつける下着は血行を悪くし、冷えやむくみの原因になることもあります。
暑いからと言って、素足にサンダルなどもなるべく避けたほうがいいでしょう!

 睡眠不足を防ごう!

夏はただでさえ、寝苦しいことが多いので、良質な睡眠時間を確保するために、
休息時間を長めにとり、良質な睡眠タイムを確保するようにしましょう!
毎日同じ時間に寝るようにするのも大切です。

睡眠中は体温が下がるため、寝始めにちょっと暑いと感じているぐらいが、
快適室温になるんですって!
冷えすぎないよう、クーラーの設定は27~8度にし、オフタイマーを上手に活用しましょう!
最近では、可愛い扇風機やコンパクトな個人用のファンなども流行っていますよね。
これらをクーラーと併用するのもオススメです!

は、去年ブログで紹介したミニタワーファンを活用しています

ブログ担当 K
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。