「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテ対策③ 食事で夏バテ解消
2009年08月12日 (水) | 編集 |
こんにちは!
ブログ担当Kです。

昨日は、静岡県で大きな地震がありましたね。
の住む地域でもかなりのゆれを感じたほどです。
天災は防ぐことは難しいでしょうが、日ごろから備えるようにしていきたいものですね。

夏バテ対策の第3弾に参りましょう!!

 夏バテ対策③ 食事で夏バテ解消 

前回は、夏バテになる前の要因の対策を書きましたが、
今回は、食による、夏バテの解消法を紹介しましょう!

暑い中で活動は、通常に比べて、カロリービタミンの消費が多くなります。
夏バテ対策には栄養バランスのよい食事をすることが基本です。
しかし、どうしても食欲がわかないときは、「量より質」を心がけることが大切!
良質のタンパク質とエネルギー代謝をよくするビタミンB群や、
お酢などや、ビタミンCをしっかりとるようにしましょう!

 レモンなどを積極的にとってみよう!

レモンなどのすっぱさはクエン酸によるものです。
クエン酸は体内で、エネルギーを産出させる働きをします。

疲労回復にレモンやお酢がいいとされるのは、
クエン酸に、エネルギー産出低下からの回復の働きが期待できるからなのです。

レモン以外にも、お酢や、グレープフルーツ、オレンジ、梅干しなどは
クエン酸が含まれているので、積極的にとるようにしましょう!!

 ニンニクを食べよう!

ビタミンB1は、炭水化物をエネルギーに変換させるのに欠かせない栄養素です。
豚肉、ウナギ、ニラ、ゴマ、枝豆、玄米などに多く含まれていますが、
汗や尿から排出されやすく、またストレスが多いとさらに減少してしまいます。
このビタミンB1の吸収を助け、効果を持続させてくれるのが「アリシン」で、
ニンニクやネギ、ニラなどに含まれています。
揮発性で目にツンとくる、独特のにおいの元です。

ニンニクがスタミナをつけるということではなく、エネルギーの補給を助け、
スタミナのもとになります。
ニンニクは単独でとるのではなく、豚肉などのビタミンB1を多く含む食品と
一緒にとるようにしましょう!!

 辛いスパイスを利用してみよう!

トウガラシなどの辛いスパイスには発汗作用があります。
スムーズな発汗は夏バテ対策になるので、多少効果があるといえるでしょう。

また、辛いスパイスには、胃液を分泌させて食欲を増進させる効果もあります!
夏バテ気味で食欲のない人は食べてみてはいかがでしょうか。
しかし、香辛料のとりすぎは胃腸を痛める原因になることもあるので食べすぎは禁物です!

参考にこちらもご確認ください!
 暑さに負けない体をつくるのに適した食べ物は何でしょう??
 クスリになる食材あれこれ -夏バテ-

ブログ担当 K
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。