「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤福
2009年09月25日 (金) | 編集 |
ブログ担当Yですピカチュウ1
シルバーウィーク皆さんはどこかに行かれましたかはてな
Eさんは沖縄に行かれたそうで、うらやましいですアップロードファイル

私は、日本横断バスツアーで兼六園、東尋坊、伊勢神宮に行きましたバス
(飛騨高山と白川郷は渋滞のためカットされましたむぅ・・・

大型連休だけあり、渋滞がひどく、全国の20箇所近くのサービスエリアに寄ったような気がしますアイスクリーム
やはり海老名サービスエリアがナンバーワンだと思いました

海老名SA


正岡子規の句「到来の赤福餅や伊勢の春」にも詠まれている、伊勢名物の「赤福」ですが、なぜこのような名前になったのでしょうか?

赤福


「赤心慶福(せきしんけいふく)」と言う言葉に由来し、そこから最初と最後の文字の「赤」と「福」をつけられています。
「赤心慶福」は「素直に真心を尽くして、人の幸せを自分のことのように喜びましょう」という、神宮参拝者の心持ちから名付けられたものです絵文字名を入力してください

鳥居歴史鳥居
赤福は、1707年に伊勢神宮への参拝客の為に、伊勢神宮内宮の五十鈴川のほとりで餅屋として開業したのが始まりです鏡餅
江戸時代には当然の事ながら車や電車がなく、皆は何日もかけて、歩いて伊勢神宮にお参りに来ました。そんな当時の旅人には、手早く食べる事ができて、なおかつ腹持ちがよい、お餅が食事代わりとして好まれていました。そのため、参宮街道沿いには、たくさんのお餅屋が開業しますが、赤福もそのうちの1軒であり、それから現在まで300年続く老舗のお餅屋が赤福だそうです赤福


ブログ担当Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。