「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹ぽっこり解消法①
2009年10月22日 (木) | 編集 |
ブログ担当Yです犬

食欲の秋ですね柿

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の基準の1つに、「腹囲男性85cm以上、女性90cm以上」というものがありますメタボ
「全体的には太ってないのに、お腹ぽっこりが気になる」という方もいらっしゃるかと思いますパンダ汗
運動と食事制限をしっかり行えば良いのはもちろんですが、なるべく効率よくお腹をへこます方法はないのでしょうかはてな

お腹が出るメカニズムについてしっかり学習しましょう!
①脂肪の蓄積、②腹筋の衰えという2つの側面があります。脂肪がたまった分だけ腹囲が太くなるのはいうまでもありませんが、脂肪がそれほど大量でなくても、腹筋が弱くなると、おなかの内部の圧力によってお腹がぽっこり出てくるそうで、中高年男性などには、腹筋が弱くなるこのタイプが多いそうです


腹筋

(読売オンライン・健康プラスより)


 腹筋の衰えという要素が強い場合、やはり腹筋強化が必要になります。実は一口に腹筋と言っても、腹回りの筋肉群は複雑な構造をしていますムキッ
 腹筋を鍛える運動として思い浮かぶ「上体起こし」で鍛えられるのは、主に腹前面にある腹直筋です。これは体を前に曲げる時に収縮し、ものすごく強化すると、逆に盛り上がってくる場合もあります汗
 お腹回りをすっきり引き締める主力は、脇腹の深い部分にある「腹横筋」という筋肉だそうです。内臓の入った腹腔を脇からコルセットのように締めて、胴体を支える働きをしています。この腹横筋の強化こそ、ぽっこりおなか対策には最適だそうですGOOD

では、どういう運動をすれば、お腹をへこますのによいのでしょうか?
それは次回に続きます猫村さんアップロードファイル


ブログ担当Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。