「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹ぽっこり解消法②
2009年10月29日 (木) | 編集 |
ブログ担当Yですアイコン名を入力してください

今回は前回の続きで、お腹をへこます運動についてですメタボリック

ぽっこりおなかをへこますには、内臓の入った腹腔を脇からコルセットのように引き締める「腹横筋」の強化が効果的いうのは前回お話しました→絵文字名を入力してくださいこちら絵文字名を入力してください

その方法として、「ドローイン」という動作が効果的だそうです!!
英語で「内側へ引く」という意味で、きついズボンをはこうとして、腹をへこます動きと同じで、呼吸は止めないで行いますジーンズ上体起こしよりも手軽で、場所も選ばないのが利点です電球


ドローイン


星方法
最初は1回に30秒間ぐらいを目安に、腹をへこました状態を保ち、慣れたら時間を延ばしたり、回数を増やしたりして、より強化を図りましょう力こぶ

星有酸素運動と組み合わせて
 おなかを引っ込めるドローインを続けると、1か月程度でも腹囲減少が期待できます。しかし、効率的に脂肪を減らすなら、やはり有酸素運動が効果的ですみずたまこ
 有酸素運動にドローインを組み合わせると、さらなる効果が期待できるそうです手書き風シリーズ矢印上実験では、10分間の歩行で、ドローインしながらの歩行と通常歩行を30秒ずつ交互に繰り返すと、通常歩行だけの場合よりカロリー消費量が40%前後上昇したそうですうあっ

 内臓脂肪は皮下脂肪よりも3倍ほど減りやすい性質なので、努力が表れやすい部位です。お腹が気になる方は、ドローインをやってみましょうヌーピーハート

ブログ担当Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。