「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマータイムと睡眠
2008年06月16日 (月) | 編集 |
ブログ担当Yです
最近夏めいてきましたが、
日本でもサマータイムを導入しようという動きがありますが、
皆さんは賛成ですか?反対ですか?


省エネルギーにつながるとされていますが、日本睡眠学会は「体のリズムを乱して睡眠に影響を与え、健康を損なう」として反対のようで、医療費の増大や作業能率の低下で大きな経済損失が生じると試算もあります

北海道で実験した結果、約4割の従業員が体の不調を訴えたそうで、健康に支障が出るなら私は反対です。


3_43495_90x90.jpg


サマータイムが導入されても、されなくてもより良い睡眠をとるために効果的な栄養素と食べ物をご紹介します。

「メラトニン」・・・夜になると脳の松果体から分泌されるホルモンの一種です。
  トマト、バナナ、春菊、アメリカンチェリー、ケールなどに多く含まれています。

「トリプトファン」・・・脳内でメラトニンに変わる成分です。
  睡眠中の牛から搾乳した「ナイトミルク」では含有量が更に多いようです。
  特に牛乳に多く含まれ、蜂蜜、バナナ、かつお、レバー、大豆などにも含まれています。

「グリシン」・・・睡眠のパターンを正しく整える作用があると言われています。
 ホタテ、エビ、ゼラチンなど動物性タンパク質食品に多く含まれます。
 

良い睡眠を得るには、食事に気をつけるだけでなく、規則正しい良い生活、ストレス解消も大切ですよね

ブログ担当 Y
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。