「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ごはん」といわれる理由
2010年03月05日 (金) | 編集 |
ブログ担当Eです

今日の東京は、とても良い天気で暖かく、気持ちがよかったです
でも、また明日から寒くなるようです…

今年のはいつ頃になるのでしょうかね~
先日、サクラソウが咲いているのは見つけましたよ

1003_サクラソウ
サクラソウ

春はもうすぐでしょうか


     


私は「ごはん」()が大好きです
炊く前は「」といいますが、炊いた後は「ごはん」といいますよね。
ごはんは、飯(めし)ともいいます。

ごはん」は、「飯」に「御」をつけたもので、「御飯」と書きます。
この「飯」は、召し上がるという敬語からきている言葉だそうです。
古くから、おは神様が食べるもの「神様の召し上がりもの」で、
人は神様の「おさがり」をいただき、神様と同じものを食べることによって、
御加護を受けたいという思いが込められていたそうです

「召し上がる」の頭の「召し」をとって、めし(飯)。
さらに、ありがたい大切なものという意味を込めて「御」をつけて、
「御飯」といわれるようになったようです

たまにはそんなことを考えながら、御飯をいただくと
いつもとは違った美味しさを感じられるのではないでしょうか

ブログ担当 E
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。