「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受動喫煙防止対策について
2010年03月15日 (月) | 編集 |
こんにちは!ブログ担当Kです。

は、軽めの花粉症なのですが、
先週末あたりからかなり症状が出始めました
そのせいもあると思うのですが、ここ数日頭痛に悩まされており、ちょっと辛いです。
花粉症の皆様、くれぐれも対応はお早めに!
しばらくマスクとの生活が続きそうです

さて、タイトルの「受動喫煙防止対策について」ですが、
平成22年2月25日付で厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室から通知が発出されています。

は、タバコ大嫌いなんですよ。
なので、もっともっと積極的に推進して行ってほしいですね。

受動喫煙の怖さとは

喫煙は、喫煙者自身のみでなく、周囲の人たちの健康にも悪い影響を及ぼします。
タバコの煙には主流煙直接喫煙)と副流煙受動喫煙)がありますが、
副流煙の方が直接喫煙している主流煙より、刺激性が強くなるってご存知でしたか??

副流煙とは、タバコから立ち上る紫煙のことで、主流煙よりはるかに有害物質の含有量が高いんです。
なんと、ニコチンでは約3倍にもなるんですよ!!

また、乳幼児への影響の大きさも見逃せません!!
睡眠中の突然死に喫煙が大きく関わっていると言われています。
死亡率は両親とも吸わない場合と比較して、
親の1人が吸う場合は「1.6倍」、両親とも吸う場合は「4.7倍」になっているんですよ。
この危険度は、人口栄養やうつ伏せ寝による危険度を上回ると報告されてるそうです。

あなたの大切な家族を守ることを第一に考える必要があるのではないでしょうか。

タバコをどうしてもやめられない方もたくさんいらっしゃると思いますが、
この機会に、自分のための禁煙ということだとなかなか踏ん切りつかないかもしれないので、
家族など周りの人のための「禁煙」という考え方で、ぜひ禁煙に挑戦してみませんか??
そして、吸うときには最低限のマナーは絶対に守りましょうね。

 「受動喫煙防止対策について」に関する局長通知の発出について

詳細は、↑クリックしてご確認ください。
ブログ担当 K
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。