「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目薬の正しい使い方知っていますか?
2010年03月24日 (水) | 編集 |
こんにちは!ブログ担当Kです。
この三連休は、かなり暖かかったのですが、今日はまた10度をきってしまいました。
本当に気温差が激しいので、体調管理に気を付けましょうね。

さて、先日テレビで目薬の正しい使い方を放送していました。
は、ものすごく間違った使用方法をしていたんですよ。

というわけで、皆様にも正しい点眼方法をご紹介いたしましょう。

正しい点眼方法

 まずはじめに、手指を石鹸できれいに洗う。

 目薬の先端にさわらないように注意しながらキャップをはずす。

 目薬の先端が目やまつげに直接触れないように注意して
   目薬の先端を点眼する方の目の位置に固定する。

 もう片方の指で、下まぶたを押し下げてポケットを作る。

 1回に1滴ずつ出るように、そっと目薬に圧力を加える。
   (点眼滴数は種類により異なるのであらかじめ確認しておくこと!!)

 点眼後は静かにまぶたを閉じて、約1分間軽く目頭を押さえる。
   あふれた目薬は、清潔なティッシュなどでやさしくふき取ること。
   この時にまばたきをしてはダメなんですよ

注:2種類以上の目薬を使用する場合には、間隔を5分以上あけて点眼して下さい。

ということです。
皆さんは、正しい使い方ができていましたか?

は、まったくもってダメでショックでした
一度の点眼に数滴を2回ぐらい続けてさしていました。
そしてもちろん、染み渡ると思って目をパチパチさせていました

これからはきちんとした点眼方法で大切な目を守って行きたいと思います。

ブログ担当 K
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。