「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーブティーの出し殻
2010年03月31日 (水) | 編集 |
ブログ担当Yです

今回は、過去2回取り上げてきたハーブティーについて、出し殻の利用方法をご紹介します

ハーブティーで抽出されるのは、ハーブに含まれる成分の20~30%とされていますですので、出し殻には多くの「栄養」が残っています

ハイビスカスティー


ハイビスカスティー  
美しい赤色とすっきりした味わいで人気があるハイビスカスティーは、ビタミンCの宝庫です。出し殻に粗塩を軽くふると、梅干しに似た酸味が出ます。漬物代わりに食べてもいいし、おかゆのトッピングにもなります

ローズ  
上品で甘い香りのローズはピクルスにできます。出し殻の水分をしぼり、細かく刻んで好みの量のレモン汁とハチミツをよく混ぜます。レモン汁と反応して茶葉の赤色が戻るため見た目も美しく、サラダなどに彩りを添えられます

レモングラス  
レモングラスは、消化促進や抗菌効果があります。出し殻を市販のお茶パックに入れて5分ほど煮出すと、濃い黄緑色のエキスができます。お風呂に入れ、レモンの香りで体を包み込めば心も体もさっぱりします

ハーブには生ゴミの消臭効果もあります土に戻せば、植物の肥料にもなるそうです

      

カゴメ、「リコピン」に日焼け予防効果確認

 カゴメは、トマトに多く含まれる成分として知られる「リコピン」に、日焼け予防の効果があることをマウスを使った実験で確認したと発表しました研究内容は27~30日に東京大学で開催される日本農芸化学会2010年度大会で発表されるそうです。
 紫外線を浴びた皮膚には通常、「紅斑」と呼ばれる赤く反応した日焼けの症状が表れます。紫外線を長年浴び続けると元の状態には戻らず、シミやシワの原因になります

まだまだ発見されていないリコピンの効果があるかもしれませんね

ブログ担当Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。