「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏野菜のパワー☆
2010年07月01日 (木) | 編集 |
ブログ担当Yです

春先の野菜の価格高騰も少し落ち着き、店頭には色とりどりの夏野菜が並んでいます
の味を楽しんで体調を整え、本格的な夏の到来に備えましょう

夏野菜の代表格といえばナスですトマトやピーマン、パプリカも実はナス科です
ナス科にカラフルな種類が多いのは、強い紫外線から身を守るために抗酸化作用がある色素成分(カロテン・リコピン・ポリフェノールなど)が発達したからです
  カロテンやポリフェノールについてはこちら 

なす     トマト     ピーマン


 ナスの皮の色素「ナスニン」もその1つです有害な活性酸素を抑え、がんや動脈硬化などの予防につながるとされています水溶性なので調理の際は水にさらし過ぎない方が良いそうです

 トマトには、強い抗酸化作用がある「リコピン」の他、カロテン、ビタミンA、C、うまみ成分のグルタミン酸が豊富ですリコピンは熱にも強いのも特徴です

 ピーマンパプリカなどには多くのビタミンCが含まれ、加熱しても壊れにくいのが特徴です

夏場は胃腸が弱って食欲が落ち、汗と一緒にカリウムなどのミネラル分も失われますナスやトマトはカリウムも豊富なので、夏の健康維持に最適です
トマトを中心に、ナス、パプリカ、ピーマン、ズッキーニ、タマネギ、ニンニクなど、たっぷりの夏野菜をオリーブ油で炒めて煮込んだ南仏料理のラタトゥイユがお薦めのメニューです

 ラタトゥイユの作り方(gooグルメ&料理より) 

ラタトゥイユ


 材料(2人分) 
ズッキーニ・・・1本 ナス・・・2本 ピーマン・・・1個
パプリカ・・・1個 タマネギ・・・1/2個 ニンニク・・・1/2かけ
オリーブ油・・・大さじ1  塩、こしょう・・・少々
コンソメ・・・1/2個   トマトの水煮缶・・・1/2缶

 作り方 
①ズッキーニは1.5cm幅、ナスは1.5cm幅の輪切りにし、水にさらす。
 ピーマン、パプリカは乱切り、タマネギはくし型切り、ニンニクは薄切りにする。
 トマトの水煮の実は、粗くつぶしておく。

②鍋にオリーブ油を熱し、ニンニクを炒め、香りが出てきたら、ズッキーニ・ナス・ピーマン・
パプリカ・タマネギを加えて炒める。

③コンソメとトマトの水煮缶を加え、煮る。

④火が通ったら、塩・こしょうを加え、味をととのえる。

旬の味を楽しんで、夏バテを予防しましょう 

ブログ担当Y



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。