「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑穀のパワー
2010年08月11日 (水) | 編集 |
ブログ担当Yです

最近会社の近くにできたカフェでご飯を食べたところ、ご飯が雑穀でした

最近レストランやコンビニで「雑穀」を使ったメニューを目にします
家庭で食べる人も増えているようですが、どんな魅力があるのでしょうか


雑穀


雑穀は、米、麦以外の穀物の総称です
戦後、玄米から米ぬかと胚芽を除いた白米が主食となり、食卓から姿を消しました
しかし、それが今人気を集めています白米とほぼ同じカロリーですが、現代の食生活で不足しがちなミネラルや食物繊維といった栄養素を手軽にとれるからだそうです

白米と比べ、アワは貧血を防ぐ鉄分が6倍、ヒエは味覚を正常に保つ亜鉛が2倍、背の高いキビ「高キビ」は血圧を下げるカリウムが5倍含まれています白米と一緒に炊けば、簡単にミネラルや食物繊維をバランスよく含んだ主食が完成します

主な雑穀の特徴
アワ・・・鉄分が豊富で、昔から妊産婦に勧められてきた
ヒエ・・・最も古くから食べられている雑穀。食物繊維は白米の8倍
キビ・・・薄い黄色。卵の代わりにすしにちらしても
高キビ・・・粒はかため。ひき肉の代用でハンバーグにも
ハトムギ・・・新陳代謝を促進し肌の調子を整える
古代米(黒米・赤米)・・・ポリフェノールが細胞の老化を防ぐ


雑穀パスタ
 高キビのソースを使用したパスタ 


 高キビのソースの作り方 
雑穀は日持ちがよく、味の劣化もほとんどありません。炊くと1カップが3カップに増え、10人分のおかずの食材になります。週に1度のまとめ炊きで、時間も食費も節約できて嬉しい、絶品ソースです

<材料>
高キビ・・・1カップ 玉ねぎ・・・1個  大根・・・100g 
にんじん・・・100g 菜種油・・・大さじ1 塩・・・小さじ1/4

<作り方>
① 高キビ1カップは洗ってザルに上げる。玉ねぎは粗みじん切り、にんじんと大根は皮をむかずに5mm角のさいの目に切る。
② ①の高キビを炊飯器に入れ、白米炊き1.5合の目盛りまで水を入れておく。
③ 鍋に菜種油を熱し、玉ねぎと大根・にんじんをサッと炒め、塩を加えて味を調える。
④ ③を炊飯器に加えて全体を混ぜ、塩を入れてから普通に炊く。
⑤ 切るようにさっくり混ぜて、高キビソースのできあがり。

高キビはひき肉の代わりで、ミートソース感覚でパスタやごはんの上にかけて食べることができるそうです
普段の食事に雑穀を取り入れてみてはいかがでしょうか

ブログ担当Y



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。