「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーニャ・カウダ
2008年08月11日 (月) | 編集 |
ブログ担当Yです筝

友人がしきりに「バーニャ・カウダ」が流行っているというので、昨日イタリアンレストランで食べてみました


バーニャ・カウダとは・・・
イタリア・ピエモンテ州を代表する冬の野菜料理ですイタリア語のピエモンテ方言で「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味します

ジャガイモ、カブ、セロリ、カリフラワーなどの野菜を、テーブル上で温められた、アンチョビ、ニンニク、ウォルナッツオイル(クルミ油、もしくはオリーブオイル)、牛乳(もしくは生クリーム、バター)などを混ぜ合わせたディップに浸して食べるフォンデュに類似の料理です

日本にティラ・ミ・スを紹介した北イタリア料理の第一人者、室井克義によって日本に紹介されました

img20070728154039.jpg




はじめは皆ディップして食べていましたが、最後は野菜をそのまま食べていました
私個人的には、ディップしたら野菜自体の味があまりしなかったので、本当にいい野菜だったら塩とかつけて食べた方がおいしいのではないかと思いました

ブログ担当 Y
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。