「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑥お月見はなぜ団子を供えるの?
2008年09月16日 (火) | 編集 |
ブログ担当Yですbear

9月14日(旧暦8月15日)は十五夜だったそうです
うっかり、お団子を食べ忘れてしまいました

それに関連した、食に関する素朴な疑問に答えるコーナーピカ第6回ピカ


お月見はなぜ団子を供えるの

江戸時代に、収穫の祭と結びつき、農作物を供えることが定着したようです
地方により様々な行事がありますが、月見団子は中国の月餅がルーツとも、作物の代用だとも考えられています。




1_3010904017.jpg


主に、関東では丸型の団子が、関西では先細りの餅に餡を巻いたものが用いられます絵文字名を入力してください十五夜が芋名月とも呼ばれるのは、この時季多く収穫される里芋をお供えするからで、餡が巻かれた団子はこの里芋を模ったものです
また栗名月や豆名月とも言われる十三夜は旧暦9月13日ヤツ
十五夜か十三夜の片方しか見ない事を片月見(片見月)といって忌み嫌い、両方観るのが望ましいそうですコロ助


ブログ担当 Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。