「健康管理士一般指導員」の資格認定団体「日本成人病予防協会」のスタッフブログです。ヘルスケア、健康関連情報、ストレス解消法などや、日々の業務を通じて、感じていることなど…を、ご紹介いたします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大豆イソフラボン
2008年10月03日 (金) | 編集 |
ブログ担当Yです、螯rヲW、J、O

私は以前,豆乳が好きではありませんでした
しかし、大豆イソフラボンの働きを期待して、定期的に豆乳を飲むようになったら、だいぶ味にも慣れて、おいしく感じられるようになってきました

今注目の大豆イソフラボンとは・・・

イソフラボンは大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種で、植物エストロゲンの1つといわれ、
女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをすることで
注目されています


eyes0662.jpg


更年期障害
更年期障害は女性ホルモンの不足が引き金となるので、イソフラボンの有効性が期待できます。

骨粗鬆症
骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保ち骨粗鬆症を予防します。

美容
美白、保湿性の向上といった肌の美容効果も認められています。他にもバストアップや生理不順の改善など、女性に嬉しい働きがあります。

ダイエット
大豆イソフラボンは、細胞の新陳代謝を活発にし、老廃物を積極的に排泄しようとします。それにより自然と基礎代謝がアップして、ダイエット効果も高めます。


必要摂取量
イソフラボンの摂取量は1日に40mg~50mgが理想です
調整豆乳なら、200mlのパックで1本で必要摂取量をみたすことができますスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、
これは、豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)です

まだ調整豆乳しか飲めませんが、もっと慣れたら無調整に挑戦予定です。何か体に変化があったら、またブログで報告しますね絵文字名を入力してください




ブログ担当 Y

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
全健会カイロプラクターで健康管理士です。色々と今後の健康への参考にさせていただきます!!これからもよろしくお願いします。
2008/10/04(土) 15:22:17 | URL | 行永哲也 #UKluqSck[ 編集]
ありがとうございます
コメントありがとうございますe-68
初めてのコメントなので嬉しいですi-237
私もまだまだ勉強中ですe-122
よろしくお願いしますe-53
2008/10/07(火) 11:05:09 | URL | ブログ担当Y #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
池袋の私書箱の紹介です
2008/10/03(金) 13:39:43 | 激安!池袋の私書箱新規オープンです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。